同好会の紹介

ごあいさつ

横須賀鉄道模型同好会は1980年に発足いたしました。

1983年に初代組立式レイアウトを製作し、横須賀市大津行政センターで第1回の公開運転会を行い、その後同会場で12年間公開運転会を続けました。1999年からは場所を追浜公民館に移し、毎年公開運転会を続け、小さいお子さんにも鉄道模型の運転を体験出来るよう、小さいレイアウトを作り模型の運転を楽しんでもらっています。

さらに2011年からは、東京ビッグサイトで開催される「国際鉄道模型コンベンション」(JAM)にも参加し、大型レイアウトによる長編成の模型運転を行っています。。

活動内容

【例会】

毎月第三土曜日の夕刻から、例会を開催しています。今後の活動について伝達や意見交換するとともに、会員の近作を持ち寄り、模型製作の情報交換をしています。

【公開運転会】

春と秋の2回、追浜市民文化センターにて大型レイアウトを設営しての公開運転会を行っています。また小型体験レイアウトを使用し、お子様鉄道模型の体験運転を楽しんでいただいています。

【旅行】 

毎年秋に親睦を兼ねて、旅行を行っています。2016年は京都鉄道博物館の見学と近江鉄道を訪問いたしました。

【JAMへの参加】 

有志メンバーにて、2011年より国際鉄道模型コンベンション(JAM)に出展しています。